乳飲み子で捨てられた仔猫。 FIPで前ブドウ膜炎、胸水、腹水、リンパ腫に苦しんでいます。 少しでも楽に過ごせる方法をどなたか知りませんか?
  • 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
FIP
2007年11月13日(火) 23:49
どれくらいの人が、このFIPという病気を知っているのだろう?

猫エイズや猫白血病は、ワクチンもあるし…かなり認知度が高いと思うけれど、実際、どういう病気なのかをきちんと知っている人は、あまり居ないのじゃあないかと思う。

FIP、猫伝染性腹膜炎

この病名だって…猫エイズと同様に誤解を招き兼ねない付け方だと、個人的には思ってしまう。

FIPは、なぜ、かかるのか。
なぜ、発症するのか。

誰も、まだ何もわかっていない病気。

コロナウィルスが突然変異しておこるというけれど、本当にそれだけなのか?
いいえ…それに加えて免疫系の異常がおこらなければ、ならない病気。

だから、猫コロナウィルスは感染するけれど、けっして、コロナウィルスキャリアだから発症する病気ではない。
コロナウィルスの抗体価が高いから必ず発症するものでもない。
そして、コロナウィルスフリーという言葉は、単に抗体価陰性なだけ。イメージされるような、全くコロナウィルスを持っていない、などということは、ほぼありえないくらい、普通にどんな猫でも持っているもの。

いつ、どのコがこの病気にかかったとしても不思議じゃあない。

捨て子だから。
野良だから。
キャッテリィなら。
ペットショップなら。

いいえ、どんな状況のコであっても、発症している。

1匹の完全室内飼いだから感染しない。
多頭飼いでストレスを与えたから感染した。

いいえ、いいえ。
1匹だろうと、多頭だろうと…発症する場合もあれば、しない場合もある。

どうしてそうなるのか?
なにが原因なのか?
…そんなの、一つも分かってないに等しい病気。
だから、防ぎようもない。

ある日突然、FIPだと断定できる症状が出るわけでもない。

大抵は緩慢に、色々な他の病気ともとれる症状が顕れてくるだけ。
治療が効かない。
長期に症状が続く。

そして…手立てが無くなった頃に、FIPじゃないか、と言われるのが殆どじゃないだろうか?

また、FIPはDRYとWETに分けられるけれど…
本当にそうだろうか?

うちの紫衣は、当初DRYタイプの症状を示していたが、その症状を示したままWETの症状も出始めた。
現在は平行して双方の特徴とされている症状が出ている。
いや、それどころか、例外として列挙されるどちらの特徴でもない症状とされるものも出ている。
MIXタイプというものがあるのだろうか…?
それとも、紫衣が…頑張りすぎて、症状の段階を越えていっただけなのだろうか?
本当は2区分に分けられるものではなく、症状が混沌として顕れてくる病気なのだろうか?
…それすら、今は確かな答えが見つからない。

出来ることは、ただ、対処するだけ。
胸水や腹水が溜まるようなら、抜いてやる。
苦しいようなら、痛み止めや炎症止めを与える。
免疫を高めるために、インターフェロンを投与する…。

症状の緩和。延命措置。
これしか、FIP罹患猫に与えられたものは、今は無い。

ホメオパス、レイキ、漢方、各種サプリ。
これらを組み合わせて、改善した例もあるけれど、全てのコに対して有効に作用するわけではない。

FIPに余命宣告は無い。
どう症状が進むか、予測ができないからだ。
明日かも知れないし、1年先かも知れない。

FIPだと診断されたとき、あなたは「うちのコ」に何をしてあげれますか?
どうするのが正解なのでしょうか?

それも、きっと、分からない。

FIPに限るわけじゃあない。
手を尽くしてもどうにもできなくなった時。
どう、猫に向かい合いますか?



紫衣、私は間違っているかなぁ
私達と居て、幸せでいてくれてるかなぁ

ちゃんと輸液して、無理にでもステロイド飲ませた方がいいのかなぁ

本当に、どうしたら、いいんだろうねぇ…




本日の紫衣
インターフェロン0.2cc、シルバー1cc、きのこドリンク3cc、初乳1/4カプセル溶かしたもの、しゃぶしゃぶ用牛肉を叩いたもの小さじ2/3、ベビーケア14粒、カマンベールチーズ1cm角、ささみを蒸して擂り潰したもの小さじ1/4、生鮭を焼いたもの1口、輸液10cc


↓少しでもご意見戴ければと参加しました
  ご協力戴ければ幸いです
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
秘密のコメント
ブログ管理人への秘密コメントです
(Ω△Ω¶)・・・・
にゃさん・・・
涙・・涙で・・・全部を読むのに時間がかかりました。
私にこの場所を今までナイショにしていたのも、にゃさんの優しさ。
本当に優しさが一杯で、人の痛みがわかる貴女だから。
良い報告ばかりして、私を心配させないように・・・ヾ(_ _。)

紫衣ちゃんは、どう考えても母子感染の疑いがあります。
同じ兄弟でも発症する子としない子・・・それもわかりません。
エイズキャリアも母子感染で全員が陽性でなく、陰性の子もいます。
免疫力を高めるのに多分お使いであろうビムロン。猫の負担がなく余分は排出してくれます。
サプリメントでFIPの子によく使われるのは、ビープロン(高濃度プロポリス)。
他にはカニの成分から抽出するキトサン。これには賛否両論があるけれど
私は弱っている子によく使います。
馬肉はとってもいいですよ。昨年、FIPの子を短期間お預かりして介護した時も
一番食べてくれたのは馬肉でした。
ステロイドも有効です。実はカーゴはステロイドで命拾いしました。
ただFIPの場合は使う時期が問題。かえって辛くさせてしまう事があるので
獣医さんとよく相談してください。

保護主である私にいつも優しいお心遣い・・・誰にも出来る事ではありません。
しかも、こんなに紫衣ちゃんが大変でお心を痛めてらっしゃるのに・・・
なじられても何をされても何も言えないのに。・゚・(*ノД`*)・゚・。

こんなにも大事にされて、愛されて、本当に幸せな紫衣ちゃん。
もちろん他3にゃんも・・・
お辛い思いをさせて本当に申し訳ありません・・・
にゃさんの病気の猫に向き合う姿勢は、誰にでも出来ることではないありません。
ありがとうを何万回言っても足りないくらい・・・
にゃさん。
貴女に会えて本当に良かった。
始めて、コメントさしていただきます。
初めまして、以前から、ずーと紫衣ちゃんの記事を読ましていただいておりました。
我が家も、10日に、FIPでニャンコをなくしたばかりです。
我が家のにゃん、胸水がたまり、六キロあった体重が、二キロだいに・・・
胸水は、DRY&WETでした。
何も、してあげらぜず、五ヶ月間の闘病生活を終えました。
ほんとうに、FIPには、余命宣告は無い!そのとうりだと思います。
我が家も、これからっと言うときのできごとでした。
多頭飼いだから、ストレスがっとばかり、自分を責めていました。
にやさんの1匹だろうと、多頭だろうと…発症する場合もあれば、しない場合もある。
この言葉に少し報われました。
何故、FIPのお薬はないのでしょうか?
早く薬を開発して!っと祈るばかりです。
がんばってください。
応援しております。失礼しました。
コメントありがとうございますm(_”_)m
>KAZUさん
私はそんなに褒められる人じゃないですってば。^^;
良い飼い主じゃないかもしれない。
私の選択は紫衣に望まれているか…分からないです。

ただ、ちょっとだけでも、紫衣の人間のおかーさん同士の思うところが似通っているなら、私が救われます。^^
ありがとうございます。m(_”_)m

>じじままさま
お辛いお気持ちの中で、コメントを寄せてくださり、ありがとうございます。
ルーン王子、一瞬、紫衣の兄弟猫かと思いました。^^;(失礼なことを申し上げました><)

ルーン王子はとっても愛されていたのを、良く、知っていたから…愛をかえしてくれたんだと思います。
FIP罹患猫の最後は…本当に、看取るのが辛いそうです。
看取ってあげられなかった悔しさが…きっとおありになるかと思いますが、ルーン王子は、きっとじじままさま達に辛い思いをさせたくなくって、さようならも言わずに、びっくりするようなお別れをしたのだと…私には思えます。
本当に、本当に。
いつか、この病気で苦しむ猫や飼い主が居なくなることを心から願います。

紫衣のことを気にかけてくださって、本当にありがとうございます。
ひとのピロリ菌を弱らせるといわれのあったメグミルク恵ヨーグルトが、『発作的なくしゃみ、血便、熱、FIPのやわらかいしこり、黄疸』とかのウェットタイプの腹水がたまる2段階くらい前の症状の改善にききます。1日5〜6回、食道と口の中を消毒するように願いながら顔を真上に向けてスプーンで注いで口をこじあけのどの奥めがけて口からもれるほど流し込みます。(数日間)  あと数日で腹水がたまりはじめる、と(寝屋川役所付近の)医者が診断した仔猫もわりと元気になってます。はちみつであまくすると いれないよりいい子で飲み込みますし、ピロリ抗菌的にはいいそうです。
ほかのあおい箱のブランドのヨーグルトではびっくりするほど効きめがないです。あと、皿に盛って自分でなめさせても全く効果がないのでこれも注意です。
 
ただこの医者が“ヨーグルトは菌だらけ(?)やからアカン」と禁止されていらい衰弱する子続出、7匹も去年と今年で死んでしまいました。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://nyaeveryday.dtiblog.com/tb.php/24-504d98c5

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog