乳飲み子で捨てられた仔猫。 FIPで前ブドウ膜炎、胸水、腹水、リンパ腫に苦しんでいます。 少しでも楽に過ごせる方法をどなたか知りませんか?
リミット
2007年10月31日(水) 23:15
帰宅してみると、なんとなく紫衣がおかしい。

でも…元気がある気がする。

行くべきか留まるべきか悩んだけれど、前回の診察で片肺の機能不全を指摘されていたことから、元気があるうちに行くべきだと判断した。

紫衣は、病院へ向かう車中も、院内で待つ間も、診察台で聴診器を当てられてる時でさえ、嫌だ、帰りたいと必死に訴える。

…連れてくるべきじゃあ、無かったのだろうか?

宿直の先生には、私が気にし過ぎているだけかもしれないこと。
具体的な様子の変化は見て取れないこと。
病院へ来るのをとても嫌がったので、できることなら胸水は抜かないで欲しいこと。
片肺の機能不全、腹水があるかの確認をして欲しいことを告げた。

結果。
紫衣から抜かれた胸水は90cc。
前回は1週間で110cc。今回は4日で90cc。
溜まるのが早くなっているのかいないのか…。次回4日以内の再診を求められた。

処置から戻って来た紫衣は、いつもより疲れているように見える。
前回までは元気になっていたのに、今日はただぐったりと横たわっているように見えた。

やはり、抜かない方が良かったのだろうか?
でも、残っている片肺までが悪くなったら?

迷いが尽きない。



今日の紫衣
胸水吸引90cc、栄養剤注射、きのこドリンク4cc、シルバー1cc、初乳1/4カプセル溶かしたもの、キトンケア5粒、ベビーケア10粒、鮪のお刺身半切れ、インターフェロン0.2cc


↓少しでもご意見戴ければと参加しました
  ご協力戴ければ幸いです
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog